TOP > お金 > お金を貯めるワナ!貯金をしてはいけない3つの理由とは?

  お金を貯めるワナ!貯金をしてはいけない3つの理由とは?

お金を貯めるワナ!貯金をしてはいけない3つの理由とは?

投稿日: 2019/05/26|更新日:2019/05/25

ライター: あえ

お金を貯めることがお金持ちへの近道だと思っていませんか?

日本人って小さいころから、

「貯金しなさい」
「貯金しておかないと困るよ」
「貯金さえしていれば安心」

そう言われ続けているので、本当に貯金が大好きです。

けど実は貯金って、お金持ちがこぞって嫌うくらいリスクが高い行為なんです。

今回は、貯金をしてはいけない3つの理由を紹介していきます。

お金を失うリスク

貯金をしてはいけない理由、1つ目は、銀行が倒産して預金していたお金がなくなってしまうリスクがあるからです。

もし仮にあなたが貯金している銀行が倒産してしまった場合、最大1000万円までしか返ってきません。しかも、全額返ってくるのがいつになるかは不明

銀行ほど大きな企業が倒産するって想像しづらいですが、実際、2010年には日本振興銀行が倒産しています。

起こりうる確率は低いかもしれません。ですが、自らの手でコントロールできないのはとても大きなリスクです。

お金を寝かせることによる機会損失

2つ目の理由は貯金でお金は増えないからです。

昔は銀行にお金を預けていると利息でお金が増えました。しかし、今の利息は0,01%〜0.15%程度。銀行に預けているだけでは、ほんの気持ち程度しかお金は増えません。

それよりも預けるお金を使って株を買ったほうがお金を増やせるかもしれません。自分のスキルを上げるための勉強をして、収入を増やすのもいいでしょう。

ただ貯金してお金を眠らせておくのは機会損失でしかないのです。

インフレによる価値の減少

貯金をしてはいけない何よりも大きな理由が、日本の物価がどんどん上昇しているということです。

物価が上がると、相対的にお金の価値が下がります。もし仮に物価が2倍になると、今まで100円で買えてたものが、100円×2も出さないと買えなくなるのです。

1000万円貯金していたとしても、500万円分の価値へと下がってしまいます。

物価が2倍になるというのは、極端な話に聞こえるかもしれません。ですが実際、今の日本の物価上昇率は毎年平均2%程度。つまり、36年で物価が2倍になる計算。

今のお金の価値が半分になるというのも、決して夢物語ではないのです。

貯金よりも良い使い方を

以上、貯金をしてはいけない3つの理由を紹介しました。

まとめると、
・お金を失うリスク
・貯金による機会損失
・インフレによる価値の減少

一定額の貯金は心に余裕をもたらしてくれます。けど、過度な貯金はお金を無駄にしているのと代わりありません。

せっかくあなたが得たお金です。もったいないことをせずに、あなたの人生を豊かにするために使っていきましょう。

お金のブレーキ外しと30の質問

このレポートは、
永遠のテーマ「お金」の本質を理解し、
お金のブレーキを外し、
あなたが引き寄せ体質になるための方法をまとめたレポートです。

学校や家庭、会社で学ぶことのない
「お金の本質」

このレポートでは、
「お金の本質」
お金の概念を大きく変える「ブレーキ外し」
お金との関係をハッキリさせる「30の質問」
をまとめています。

無料レポートを手に入れる

この記事に関連するキーワード

ページの上部へ