TOP > お金 > 「人生はお金じゃない」の嘘と本当がわかるシンプルな話

  「人生はお金じゃない」の嘘と本当がわかるシンプルな話

「人生はお金じゃない」の嘘と本当がわかるシンプルな話

投稿日: 2019/03/30|更新日:2019/03/29

ライター: kato

「人生はお金じゃない」というセリフは、
誰もが1度は聞いたことがあると思います。
また、その反対に、「いや、世の中お金だよ」
という話もよく聞きます。

いったい、どちらが正解なのか。
私たちの人生にとって、お金とはどういったものなのでしょうか。
今回は、人生とお金の関わりに焦点を当てて紹介します。

人生はお金じゃないという考え方

世の中には、お金で買えないものが、確かに存在します。友情、知識、愛情、絆、信用など、おもに目に見えないものです。
つまり、人の真心は、お金の有り無しに関係ないという事。

例えば、あなたが一文無しになったとします。その時、あなたの隣りに寄り添ってくれる人は、あなたのお金を見ていたわけではありませんよね。

また反対に、去ってしまった人は、
あなたのお金しか見ていなかった関係といえます。

では、あなたがどん底でも傍らにいてくれる人は、
なぜ、残っていてくれたのでしょうか。
そこは、あなたを思う心からです。

その気持ちには、価格を付けられません。プライスレスです。
お金では得ることが出来ないもの。

だから、人生を豊かに生きるためには、心の満足度が必要になってくるわけです。
その幸福感の尺度は、人それぞれ違いますが、やはり信頼できる人がいてくれることに、
ぬくもりを感じて、気持ちがほんのりと、心地よく感じてしまうのではないでしょうか。なので、いくら、お金があっても、その使い道がなければ、持っていてもあまり意味をなさなくなりますね。

それに、ただ、お金に振り回される生活になってしまうと、幸福感を感じることが乏しくなることも事実。お金がない事で見えてくる真実があります。

・見返りを要求しない愛情(親子の慈愛や、信頼など無償の愛)
・心から満たされる安心感(お金を介さなくても良い、安らぎ、心の拠り所)
・本来の自分らしさ(ありのままの自分、本当の自分を生きる)

などの事柄が満たされると、お金という力に惑わされず、のびのびと暮らしてゆけますね。

世の中お金だよという考え方

先程は、お金ではないよ。人生って。
とお話ししましたが、いやいや、やっぱり、お金だよ。
という声も多く聞きます。

なぜなら、生きていくにはどうしてもお金が必要になるからです。
皆さんご存知、日本は資本主義の国です。
衣・食・住と、全て無料という訳にはいきませんね。

それに、日本国民の三大義務の1つ。
「納税の義務」があります。
市県民税、国民年金、などの税金を、国へ支払わなければなりません。

生きているだけでお金を支払う必要がでてくるのです。
この事から、人生にはどうしてもお金がかかってしまいますね。

この、資本主義という世の中では、
お金を持った人が圧倒的に権力を持つという現実があります。
(お金は、信用を数値化したものとも言われるゆえんですね)

だから、お金があるということによって、
出来る事がたくさん増えます。

・労働力と時間を買うことが出来る
・物欲などの願望を満たすことができる
・誰かのために、お金を遣う事ができる
・心に余裕が生まれる

つまり、可能性の幅が広まりますね。

ここで、お金について面白い実験結果があります。ハーバード大学の経営学で准教授を務めるマイケル・ノートン教授。教授は、幸せをお金で買えるか実験をしてみました。

その方法は、同じ金額を学生に渡して、2つのグループに分けます。そして、一方を自分の為にお金を使う事にし、もう一方を、人の為にお金を使う事と条件を付けました。その結果、幸せ度が高かったのは、人の為にお金を使った学生グループでした。

また、驚いたことに、
自分の為にお金を使った人には、不幸にはならなかったが、何も起らず、
他人の為にお金を使った人には幸せな気分になり、幸運なことも起ったそうです


マイケル教授は、この実験を国を変えても行いました。アジア、ヨーロッパ、アフリカと同じ条件で検証した結果、ほぼ、9割の割合で人の為にお金を使った人の方が、幸せ度が増す傾向がみられました。

この結果をもとに、教授は、

お金は、金額よりその使い道が大事。
正しい使い方をすれば良い。

つまり、幸せはお金で買えるという結論を導き出しました。

自分の為に、お金をどう使うか考えるより、5ドル、15ドルあったら、他の人を幸せにするのに、何ができるだろうという考え方をすれば、正しくお金が動かせる。

幸せもお金で買えるのであれば、お金はあった方が良く思えてきますね。

 

最後に

あなたの人生に、お金は必要ですか?そんなに必要ないですか?お金の価値観は、あなた自身のものです。だから、様々な意見がある中で、どれを選ぶかは自由です。

いくら資本主義といっても、人の思いにお金は乗せられて動いているわけです。だから、お金と感情はいつも隣り合わせ。あなたの感情をどうするかで使われていきます。だから、私達に気持ちがある限り、お金は密接に私たちに関係してきますし、全く縁を切る事はできません。

要は、大事なのはお金と、感情をコントロールする技術です。いくら便利なものでも、使い方を間違えれば危険なものは、世の中にたくさんあふれています。
例えば、刃物。私たちの生活には無くては成らないものですよね。でも、扱い方を誤ればとても危ない。命にさえ関わってきますよね。

お金もそれと同様です。だから、お金を全く排除するわけにもいかない訳ですし、逆に、制御できなくなる程集めすぎても災いの元になったりします。

こうして考えて見ると、人生はあなたの感情が決めていくものなんですね。それで、その道具がお金であって、これをどう使いこなせることが幸せにつながっていきます。

 

お金のブレーキ外しと30の質問

このレポートは、
永遠のテーマ「お金」の本質を理解し、
お金のブレーキを外し、
あなたが引き寄せ体質になるための方法をまとめたレポートです。

学校や家庭、会社で学ぶことのない
「お金の本質」

このレポートでは、
「お金の本質」
お金の概念を大きく変える「ブレーキ外し」
お金との関係をハッキリさせる「30の質問」
をまとめています。

無料レポートを手に入れる

この記事に関連するキーワード

ページの上部へ