TOP > お金 > お金のことわざ5選!明日からお金を増やすためのお金の豆知識

  お金のことわざ5選!明日からお金を増やすためのお金の豆知識

お金のことわざ5選!明日からお金を増やすためのお金の豆知識

投稿日: 2019/03/10|更新日:2019/03/08

ライター: kato

古今東西、人類にとって、お金とは、いろんな意味をもたらしてきました。
お金とは、実に便利なツールでありますが、

時には、扱い方によって、害になる場合もあります。
だから、お金の扱いには、さまざまな注意が必要です。

今回は、先人たちの知恵を借りるべく、
あなたが、「お金」の取り扱い方を、上手に出来るように、
お金のことわざを5つご用意しました。

もう、知っている言葉もあると思いますが、
今一度、意味を確認してみてはいかかでしょうか。
前とは、違った印象があるかもしれませんよ。

ことわざ1.損して得を取れ

意味:一時的には、損を被ったとしても、最終的には大きな利益が返ってくるように考えましょう。

よく耳にしますね。
私たちは、ついつい、目先の利益に目を捕らわれて、その先を見逃し勝ちです。
そこを、見逃さない人が、きちんと利益を得ているのです。

これを、見事に実行して、成功しているのが、
未来工業(株)創始者である、山田昭男さん。
(なんと、日本一社員を幸せにする会社と呼ばれています!)

未来工業(株)は、この46年間、赤字無しで経営しています。
バブル崩壊も、リーマンショックにも左右されずにこの成果を出し続けているんですね。

その、強さの理由とは?
それは、「社員の幸せを考える事!」

山田さんは、定年を70歳にしています。
なんと、60歳を過ぎても給料が下がらないのですよ。

けど、60歳、70歳で、生産性が向上するか、という疑問がわきますよね。
その事については、山田さんは、そこは重要じゃないと言い切ります。

そして、特に重要なのは、

1番働き盛りの30代~40代の社員が、
その制度に感動して、
がむしゃらに働く意欲が沸く事。

つまり、自分はこの会社に骨を埋めると思わせる事。
そうやって、社員のやる気を促して、全体でみると生産性が上がる
という構図を創り上げています。

損と言うよりは、GIVEですね。
欲しいなら、まず、与えてみましょう。
別に、金銭や品物などを、贈ったりしなくても、
あなたの出来る行動から、差し出してみませんか。

ことわざ2.大遣いより小遣い

意味:大きくまとまった1度の出費よりも、日常のこまごまとした出費の方が、かえって大きい金額になりやすい。

類語として、「ちりも積もれば山となる」もありますが、
金額が張らないからと、特に必要でもないのにちょくちょく買って、
結果、大きな無駄遣いになる事は良くあります。

わりとやってしまうのが、100円均一での買い物。
消しゴム1つが必要だったはずなのに、ついでに2個、
あるいは隣に並んでいる付箋も買おうかな。
など、いつの間にか、商品が増えてしまう経験をしている人は多いと思います。

一方、家電や自動車などを購入する場合は、
そう簡単にはいくつも購入できません。

なぜならば、そう簡単にポンと出せる金額ではないからです。
ローンを組まなければいけない人もいますね。
検討に検討を重ね、自分の支払い能力にあった買い物をします。

つまり、慎重になる!

消費する金額が小さくても、毎日積もれば大きな金額になる。
大きな買い物をする時と、同じように思慮してみてはいかがでしょうか。

あなたのお金が増えないと思うなら、
こういう事から見直してみましょう。

ことわざ3.時は金なり

意味:時間は金銭と同じように貴重なものだから無駄にしてはいけない

世の東西を問わず、全世界で使われていることわざですね。
もともとは、アメリカ建国の父と言われた
「ベンジャミン・フランクリン」が放った言葉です。

時間を浪費するのは、周囲のせいではない。
常に自分で選択している。
だから、自ら、利益になる行動を起こすべき。

という彼の哲学からでた言葉です。

良く言われますが、時間は平等に人々に与えられています。
そして、誰にでも、限りがあるものです。
だから、使い方次第で、差がついてきます。

何もしないのもあなたの自由なら、

何か始めるのもあなたの自由です。

けれど、あなたが見たい未来はどんな未来でしょうか。
経済的自由を、夢見ているのならば、時間を無駄にするのは、
とても、もったいないことではないでしょうか。

ことわざ4.金なき者は金を使う

意味:金持は金に執着して金を惜しむが、金のない者は、かえって執着しないで浪費するものだ。

本当に、お金の価値を知っている人は、無駄な浪費をしません。
お金を、正しく遣います。
金持と呼ばれる人たちは、当然正しく遣っています。

それとは反対に、
いつも、お金がないと嘆いている人達の遣い方はどうでしょう。
お金を正しく遣っていますか。

お金に執着しないという事は、
お金を使う事によって、
それがどんな結果をもたらすか、
考えていない事になります。

それで、良いのですか。
お金の適切な用途を学べば、浪費が減るので、お金が回り始めます。

まずは、お金を遣う前に考えましょう。
これは、浪費か、消費か、投資か、なのかを。

この区別が出来るようになるだけでも、
お金の遣い方がグッと違ってきますよ。

ことわざ5.金持ち喧嘩せず

意味:喧嘩すると損ばかりで得が無いことを金持は知っているので、人と争うことはしない。

当然ながら、お金持ちの人は、気持ちに余裕があります。
なので、大概の事では怒らない。

また、
そんな不毛な争いごとに時間を割くよりは、
その時間をビジネスに割く方がずっと建設的。
と考えています。

無駄に、人とやり合っても、周囲に敵を増やすだけです。
そんな環境では、物事がうまく進みません。
むしろ、足を引っ張られたりする、リスクの方が多くつきます。

お金は、楽しい所に集まります。
だから、お金持ちは、けんかなどせず、
楽しく仕事をするように、心がけているのです。

争う事によって、
招かざる危険の可能性をしっかり認識できている訳ですね。
だからこそ、そういう状況を回避する行動を取るのは、
当然と言えば当然ですね。

一時の感情に流されて、
失うものの大きさを、きちんと分かっているのです。

最後に

お金を、あなたが上手く操ることが出来れば、お金は増えてゆきます。
反対に、お金にあなたが操られることになれば、お金は増えません。

どちらを選ぶかは、あなた自身です。

先人たちは、様々な知恵を格言として残してくれていましたね。
再度、言葉の意味をじっくり考慮して、
自身に反映させて見てはいかがでしょうか。

 

アイデアがでる柔軟な脳のつくり方

今までにないビジネスや商品のアイデアが次々に湧き出てくる、「アイデア脳の作り方」を語った秘密の音声を期間限定で無料プレゼント!

アイデアが湧き出るようになると、ビジネスシーンでも生かすことができ、ビジネス・プライベートがより充実するさせることもできます。
まずは気軽に下のボタンより無料で手に入れましょう。

無料で手に入れる

この記事に関連するキーワード

ページの上部へ