TOP > 起業・副業 > 成功する個人事業主(フリーランス)は「ビジネスオーナー的視点」を持っている

  成功する個人事業主(フリーランス)は「ビジネスオーナー的視点」を持っている

成功する個人事業主(フリーランス)は「ビジネスオーナー的視点」を持っている

投稿日: 2018/06/19|更新日:2019/02/17

ライター: ALIVE編集部

AI時代の到来や「好きなことをやろう」という社会の流れもあり、個人でも起業や副業をする方が増えています。

インターネットやSNSの発達により、起業や副業のハードルは下がっていますが、ビジネスが軌道に乗る人もいれば、うまくいかずに事業を撤退する人がいることも事実。

「個人で仕事をすること」に少なからず興味がありつつも、色々と不安を持っているかもしれません。そこで本記事では、個人で事業主(フリーランスふくむ)で成功するために必要なポイントをお伝えします。

ビジネスを尻すぼみにしないためにも他力を使う

個人で事業をはじめるにあたって、大切なポイントはなにか。結論からお伝えしましょう。

個人でも事業を軌道に載せられる人は、経営者やビジネスオーナー的な視点を持っています。つまり、自分はメインとなる事業・仕事に集中できるように外注できる作業などは、どんどん人に任せているのです、

なぜなら、個人で仕事をスタートすると、メインの業務をこなしながら、「見積書・請求書の発行」「領収書の整理・計算」「税金の支払い」「書類の郵送」など、多岐にわたる業務をこなさなければいけないからです。

企業では「営業」「制作」「在庫管理」「人事・労務」「経理」など、各部門がありますが、ひとりでビジネスを行うにはすべてを自分で行う必要があります。

この作業をひとりで行うとなると、本業でかけるべきエネルギーが分散し、結果として、競争力を失い、事業が成り立たなくなってしまいます。

これこそが、個人でビジネスをはじめた方が立ち行かなくなる原因です。

本来であれば、

「自社の商品・サービスを求めているお客さんはどこにいるのか?」
「お客さんに知ってもらい、手にとってもらうためにはどうすれば良いのか?」
「お客さんにさらに喜んでもらえるアイディアにはどんなものがあるか?」

といったところに時間とエネルギーをかけるべきです。

 

外注をすれば、みんながハッピーに

堀江貴文さんもTwitterでこのように発言しています。

この時期になると確定申告大変だーっていう零細事業者とか個人事業主の書き込み見るけどさ、その位外注するくらい稼げてなかったらその事業上手くいってないって事だよね。その作業にかける時間で本業やればいいのに。。
堀江貴文(Takafumi Horie) (@takapon_jp) | Twitter

たとえば、領収書の入力を月1回、2時間かけて行なっているとしましょう。

あなたが自分自身の時給を5000円と換算していた場合、1万円を稼げた時間を手放していることになります。

その作業を、別の人に3000円で依頼できたとしたらいかがでしょうか?その作業自体が2時間で終われば、時給1500円ですから、仕事を請け負う側にとっても、パートやアルバイトをするよりも条件の良い仕事になると思いませんか?

ここまでで、「メイン事業以外は外注する」ことの必要性を感じていただけたと思います。では、具体的にどのようにして業務を他の人に委任をする方法をお伝えしましょう。

潤沢な資金がある場合をのぞいて「社員やスタッフを最初から雇う」ことはオススメしません。スタッフのマネジメントに時間をとられて本業がおろそかになったり、固定費が大きくなることで、本来は受ける必要のない仕事を請け負ったりして疲弊してしまう恐れがあるからです。

最近では「ランサーズ」「クラウドワークス」「coconara」といったクラウドソーシングサービスで、募ることがおすすめです。

また、募集をする際は、お願いする業務によって条件も設定してみましょう。クリエイティブな仕事であれば若い方が、確実性が求められるような仕事であれば、社会人経験の長い方が仕事のクオリティも高く、お互いにとって良い関係を築ける可能性が高い傾向にあります。

 

まとめ

今回の「成功する個人事業主(フリーランス)はビジネスオーナー的視点を持っている」はいかがでしたか?

ご自身が行なっている業務の中で、人に任せられそうなものはないでしょうか?

ご自身ひとりのエネルギーや時間は限られています。「個人レベルで仕事をしているから今はひとりで・・・」ではなく。個人レベルでもハイクオリティのアウトプットをするためにも、他の方でも出来るような仕事は任せてしまって、

ご自身はコアとなる事業に集中しましょう。

成功をお祈りしています。

年収3億円の美人女子大生の教え

言い訳だらけのサラリーマンが、年収3億円の女子大生に弟子入りし、4社を所有するビジネスオーナーになった真実の物語。

・人に愛されながら、売り上げもどんどん引き寄せる『マーケティング術』

・自分だけの才能や輝きを見つけ出し、120%人生を楽しむための『人生設計法』

・読む人の心理に直接アクセスし、行動を余儀なくさせる『コピーライティング』の神髄

・出会う人すべてをあなたのファンに変えてしまう『人間関係』構築法

などなど、ここでしか知ることのできない話が満載。
下のボタンをクリックすると、すぐにストーリーが読むことができます。

「年収3億円の美人女子大生の教え」を読む

あなたへのオススメ記事

この記事に関連するキーワード

ページの上部へ