TOP > お金 > 30代の働く女性必見!あなたの年収は平均より高い?低い?

  30代の働く女性必見!あなたの年収は平均より高い?低い?

30代の働く女性必見!あなたの年収は平均より高い?低い?

投稿日: 2019/05/28|更新日:2019/05/27

ライター: kato

女性も30代ともなれば、
仕事もそれなりに慣れて、
生活のパターンも落ち着いてきている
時期ではないでしょうか。

けれど、それと同時に、
この先に目を向けてみると、

どうにも不安を抱いてしまう
人も多くいるのも事実。

・このままキャリアを続けるべきか。
・それとも新たな道を模索するべきか。
・あるいは結婚はどうするのか。

様々なライフステージの決断を
しなければいけないタイミング。

迷えるお年頃ですね。

そこで、本日は、
その中でも働く女性の悩みの1位である「給与」
(求人サイト:エンウィメンズワーク:アンケートより)
に焦点を当ててお話してゆきます。

30代女性の年収

H29年の国税庁の調査結果から、
30代前半までの年収では、
男女で146万円の差があります。

しかし、30代後半になると
かなり金額の開きが大きくなります。

なんと、204万円

仕事内容や、残業時間の違いなど
原因は色々考えられますが、

この結果は、ちょっと・・・辛いですね。

将来を見据えると、
働いても昇給がそれほど望めないとなると、
モチベーションもあがりませんね。

女性の平均
30代前半315万
30代後半313万

男性の平均
30代前半461万
30代後半517万

実際に、これからのキャリア形成についても、
不安を感じる声を多く聞きます。

・同期の男性より、責任のあるを仕事を任せてもらえない。
・いつまでもアシンスタント業務。
・または、同じ業務をしても、評価は低い。

など待遇に対する不満。
(昇進・給与面重視)

あるいは、
・結婚を考えると転勤が多いと厳しい。
・これまで通りフルに働くと家庭と仕事の両立が難しい。

などのライフスタイルのバランスについての不安。
(時間配分重視)

など様々に揺れ動く様子が見れます。

そして、
同じ女性同士でも
大きく年収に開きがあるのも30代の特徴。

正社員で勤務しているか、
派遣で勤務し続けているかで、
大きく違ってきます。

30代女性の月収

月収で見た場合はどうでしょうか。
()は手取り金額です。

女性の平均        女性の平均
30代前半26.3万(21)  20代前半18.8万(16)
30代後半27.3万(21)  20代後半24.6万(21)

男性の平均        男性の平均
30代前半33.5万(26)  20代前半22.1万(19)
30代後半36.9万(29)  20代後半30.9万(26)

ここでも30代前半、後半で大きく違ってきますね。

30代後半は、
男性でもかなりキャリアが形成されていて
同じキャリアの女性としては歯痒い金額。

しかも、20代後半の
手取り金額の差は5万円に対して、
30代後半は8万円になっています。

差額はどんどん開く一方ですね。

また、女性は20代から30代になっても
金額がほぼ上がらないのが・・・・。

このままでいいのかなと考え込んじゃいますよね。

30代女性の使い道

金融広報中央委員会の
「家計の金融行動に関する世論調査(単身世帯調査)」によると、

都内に暮らす30代女性の平均的生活費は
18万9千円と言われています。

そのうち実に40%が
貯蓄無しと言った結果がでています。

この結果を見て、あなたはどう感じるでしょうか。

安心しますか。
それとも焦りますか。

また、残り60%の貯蓄のある人をは、
どうやっているのでしょうか。

貯蓄の種類を見てみますと、
現金より、金融資産の所有が目立ちます。

貯蓄のあるなしの違いは、
給与所得の違いだけではなく、

金融商品や、資産運用の知識のスキルの差も
大いにあると言えますね。

つまり、
お金について学習しているかどうかという事ですね。

年収を増やすには

まずは、
本業で増やせるかどうか、会社の体制を調べる。

そして、辞めずに出来る副業を調べる
(収入の柱を複数にする)

または、転職する。
あるいは、起業する。

などが上げられます。

自分に合った方法を試してみる事をお薦めします。

ですが、
まずは仕事を辞めずに
副業から試してみてはいかがでしょうか。

いきなり会社を辞めて
収入が無くなるのはリスクが高く、

また、年齢が上がるにつれて、
転職も厳しくなるのが
日本の企業の現状です。

30代は、その中間の世代です。

一度きちんと自分の未来像を考えてみましょう。

つまり、自分が、自分で幸せになる事を、
考える時期でもあります。

そのために何をしたいか思いを馳せれば、
答えはおのずから出てきます。

最後に

30代は、自立について考える良い時期です。

あなたは、
自立と言われて真っ先に何が浮かびますか。

多分「経済的自立」ではないでしょうか。

けれど、違います。
自立には、3種類あります。

「精神的自立」「経済的自立」「社会的自立」です。

この中で、1番大切なのは「精神的自立」です。

まずは、
あなたを、あなたが好きになりましょう。

誰にも依存せずにあなたらしく
毎日を生き生きと暮らしていく事から始めましょう。

例えば、
会社のため
家族のため
同僚のためなど

嫌な部分を引き受けて、
みんなの為になっているからと
自分を殺していませんか。

それは、満足しているようで、我慢しているのです。

何か引き受けないと、
あなたの存在を認めてくれない関係に
すがっていても、あなたの望んだ生き方は得られません。

まずは、自分を取り戻しましょう。

そうすれば、あなたの求めている事が分かります。

そうしたら、
「経済的自立」へ何をすれば良いか見えてきます。

視界は良好になりますよ。

この記事に関連するキーワード

ページの上部へ