お金の不安ベスト5!サラリーマンが抱えるお金の不安とは?

ライター:小池

突然ですが、皆さんに、
「会社に勤めている理由とは?」
と質問します。

さて、どう回答しますか?
色々と答えは出てくるでしょう。

ですが、1番多いのは、

「給料を得るため」

つまりは、
生活のために必要なお金を稼ぐため
ではないでしょうか。

そうです。
お金って必ず必要になるものなんですよね。
だからこそ、皆さん、お金で悩むんですね。

それなら、まずは、
「不安、不安」
漠然とした不安を明確にしてみませんか。

何に不安か分かったら、
次からは、それを取り除く事を考えればいいのです。

今回は、その第一ステップとして、
皆さんが抱えているお金の不安は何かを
5つあげてみました。

あなただけではなく、
みんな同じく悩んでいるんです。

収入が上がらない

景気が回復していない中、
あなたの手取りはいくら上がりましたか。

どんどん昇給している人は別として、
ほとんどの人が
所得が上がっていないと
感じているのではないのでしょうか。

この状況は、まだ続くと予想されています。

「国民経済計算」「法人企業統計」をもとに、
厚生労働省労働政策担当参次官室が作成した資料によると、

企業が収益アップしても、
労働者に支払われる「労働分配率」は
どんどん下がっていると報告されています。

利益は、
株主への分配と、内部保留に
流れて行っていると考えられます。

これは、株主の力が強くなった事と、
リーマンショックや東日本大震災の影響で、

大規模な
リストラを余儀なくしなければならない
経験をしたことから、
経営者側も不安で仕方がないからです。

だから、内部保留という会社の貯金を
殖やしているのです。

また、労働組合側も、
リストラより、雇用継続という観点に重点
を置いているので、

賃上げを強く述べないのです。

お金の管理が分からない

これは、経験値が足りないのもありますが、
そもそも日本の教育は、
お金の教育をしていないのです。

だから、
迷える若者をたくさん排出してしまいます。

・保険はどれに加入したらいい?
・年金破綻と言われてるけど?
・そもそも、老後資金っていくら必要?

など、分からない事ばかりです。

つまり、
自分の給料でどうやり繰りして
備えれば良いか分からない。
優先順位が分からない。

要するに、分からない事への不安です。

ともかく、日々お金がかかる。

もう、ずっと先の事なんか考えれないよと、
不安から目をそらすのも、
1つのやり方です。

ですが、先送りでは、
いつまでも不安は解消されませんよね。

老後の生活資金

2019年6月に、
金融庁金融審議会から出された報告書を、
麻生大臣が受け取りを拒否しました。

報告書には、
老後は年金の他に、2000万円必要と、
政府にとっては、
不都合な事実が記されていました。

このことからも、
政府のアベノミクスの失敗や、
年金運営の失敗が明らかになったわけですね。

受け取り拒否しても、
無かったことにはならないと思うんですが・・・

ただでさえ、少子化の進行
年金問題が叫ばれていた時に、
バーンと、数字で示された訳です。

若者だって、
老後の不安を強く感じてしまうのは、
当然ですよね。

消費税を上げるとき、
確か介護費用や、老後対策に使う
と言った公約は何だったの?

年金を収めていても、暮らせないのか?
退職金もどんどん下がっている状況では、

八方ふさがりで不安になるのも、
もっともですね。

生活コストの増加

自分一人で生活してゆくのであれば、
生活のコストもそんなに変化がありません。

けれど、
家族が増えたならば話は違ってきますね。

それでも、共働きでしたなら、
まだ収入が2か所ある訳ですので、
多少のコスト増は吸収できるでしょう。

しかし、
もし出産などで働けなくなったら、
その間、収入はダウンします。

ダウンしただけでなく、
出産、育児と今まで無かった費用がかかります。

また、
マイホーム取得、子供の教育費と、
ドンドン必要な金額が増えてきます。

どうしても、ライフステージが変化するごとに
お金かかってきますね。

親の介護資金

今は、両親と離れている人でも、
やがて年老いた両親の事を
考えなければいけない時期が来ます。

人間は必ず老いてゆくものなのです。
誰しもが直面する事ですね。

自分で介護できない場合は、
当然、誰かに頼る事になります。

その費用は、どのくらいかかるのか、
気になりますよね。

両親に穏やかな老後を迎えてもらいたいのは
当然ですが、自分の生活もあります。

・病院代に介護施設利用料金。
・ヘルパー代や施設入居費。
・葬儀やお墓の費用。

など様々な費用が見込まれます。

また、それに対して、
自治体からの補助はどれくらい?
窓口は?

その他、お互いに破綻しないためにも、
どうしたら良いのか。
調べなくてはいけない事も多いですね。

終わりに

皆さん、悩みを聞いてどう感じましたか。

そうそう、同じ!
へぇ~、そうなんだ。
あれっ、何も考えてなかったけど不安になった。
別に、先々の事に不安になっても意味ないよ。

など感じ方は人により違ってきますね。

ただ、ここで不安になっている方へ。

落ち込むことはありません。

だって、不安だという事は、
今の状態が良くないと思っているから。

それは言い換えれば、
現状を打破したい、
変えたいと願っているから。

つまり、成長しようと
足掻いている状況だからです。

最初に述べましたよね。

不安が何か分かれば、
それを解決する方法を考えるだけと。

不安を感じることは
悪い事ではないのです。

悪いのは、
不安に押しつぶされてしまう
事なのです。

不安は、
自分の問題を見つける指針となり、
それから逃れようと
行動する原動力にもなるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました