年収300万円の人と年収1000万円の人は何が違うのか?

ライター:あえ

年収を1000万円を達成するために必要なことってなんでしょうか?

新しいスキルを身につける?
今あるスキルを伸ばす?
もっと大量に行動する?
副業を始める?

これら全てが正解です。ほとんどの人は年収1000万円になるために必要なことを答えることができます。

年収1000万円になるために必要な要素は明白なのです。

にも関わらず、年収が300万円のままの人と、1000万円の人に分かれてしまうのは何故でしょうか?

今回はその秘密に迫ります。

300万円と1000万円の違いを生み出す要因

結論から参りましょう。

ズバリ、年収300万円の人と年収1000万円の人の違いとは「結果を求めるまでの長さ」が生み出しています。

年収300万円の人は短期で結果を求めていて、年収1000万円の人は長期で結果を求めているのです。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

短期で結果を求める300万円

「年収を上げたい!勉強しよう!目の前の仕事を頑張ろう!」と思っても、なかなか継続するのは難しいと思うことはありませんか。

実は、年収300万円の人も同じような心理が働いています。

長続きしない理由。

それは、すぐに大きな結果が出ると思い込んでいるから。

「あんなに頑張ったのにこれだけしか変わらない。じゃあやるだけ損だ。」と思って、目の前の仕事は最低限のレベルでこなし、他の隙間時間も娯楽やストレス解消などの日々の小さな欲を満たすために使ってしまうのです。

当然、成長しないので年収が上がることもありません。

長期で結果を求める1000万円

対する年収1000万円の人は、長期的に考えたほうが大きな成果が得られることを知っています。

だから彼らは年収を上げるための努力を長期的に継続できるのです。

目の前の仕事は求められてるものより少しだけ良いものにする。帰る前に少しだけカフェに寄ってブログを書く。お金を払ってセミナーへ参加する。周りの人を大切にする。

彼らは年収300万円の人達が小さな欲を満たす時間を使って、「すぐには結果は出ないけど、後々大きくなって返ってくる」そんな可能性の種を蒔き続けます。

そして蒔いた種のいくつかが花開き、大きな年収を手にするのです。

まとめ

以上、年収300万円の人と年収1000万円の人は何が違うのか?の内容でした。

「人は1年でできることを過大評価し、10年でできることを過小評価する」

世界No. 1コーチと名高いアンソニーロビンズ氏の言葉です。

目先の結果ばかりを求めて年収300万円であり続ける人生。長い目で能力を研ぎ続け年収1000万円を手にする人生。

あなたはどちらを選びますか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました