お金持ちの習慣!お金を引き寄せるために始める3つの行動

ライター:小池

お金持ちの人達って、
どんな習慣を持っているのでしょうか。

きっと、私達には想像をつかない
特別な事を日課にしているのに違いない・・・

答えは、いいえ。

実は、誰でも出来る事を
習慣にしているだけなんです。

彼らの行動をのぞいてみると
意外とシンプルな事に気が付きます。

そこで本日は、
お金との縁を強くするために、
お金持ちの人々が普段、習慣としている事を
3つあげてみました。

ぜひ、取り入れてみましょう。

自分の声を聴いてみる やるべき事が見えてくる

まずは、お金持ちになるためには、
何をすれば良いのか分からない人が
多いのではないでしょうか。

そんな時は、

素直に
自分の声に耳を傾けてみましょう。

あなたの本心を、聞いてあげましょう。

サッカーの本田選手も
インタビューで、
話していましたよね。

「自分の中の
リトル本田が行けと言っている」と。

そうしたら、
具体的に行動するために
結果から逆算して考えてみます。

お金持ちになる(決定)

いくら?年収1000万?1億?

いつまで?30代後半まで

では、何をすれば?

現状の会社の給料では、定年でも無理

だから、転職する?副業?起業?投資?

自分に出来るのはどれ?

どれも出来ない?

本当にそうか?

得意な事、出来る事は?

絵を描く事

それを副業に出来ないか?

ネットで検索してみよう。

などど、自分に質問しながら、
細分化していきます。

そうすれば、見えてきます。

無理と諦める前に、
自問自答を繰り返してみましょう。

そして調べる(行動)

こういった作業をすることで
本当にやりたい事や、
やるべき事が浮き彫りになります。

お金持ちの人達は
いつもやるべきことが
見えているから動けるのです。

常に、
これは本当に必要か
これは別段不必要か
決断しながら行動しているのです。

それが出来れば‥と思っているあなた。
あなたにもできますよ。

難しい事ではありません。

常に自分を意識する習慣を
つければ、良いのです。

ただ、漠然とした不安ばかりを
憂いて嘆くのは、
自分から逃げて、行動しようとしない
言い訳でしかありません。

いつも、自分を後回しにしない事を
習慣にしましょう。

成功体験を積み重ねる 自信がつく

いきなり、億万長者になる事は無理です。

稀に、宝くじを当てて
一晩で億万長者になった
話を聞く事がありますが、
あれは滅多に起こらない事。

なので、現実的ではありませんね。

多くの成功者は、
小さな成功体験を
コツコツと積み重ねていきます。

その成功体験こそが、
おおきな自己肯定に繋がります。

自己肯定感が強くなると、
「出来る!」
と自信がついてきます。

そうすると、
行動にますます弾みがつきます。
どんどん範囲も広がっていきます。

「自分には、出来る事なんて何もないよ」
と言うあなた。

誰だって、最初は何もできません。

生まれたばかりの赤ちゃんは、
歩けませんよね。

でも、お座りから寝返り。
そしてハイハイから
一人で立ち上がれるようになり
ついには、歩けるようになります。

誰でも、初めは小さな事からなのです。

イチロー選手だって、
まずはキャッチボールから始めました。

だから、
誰でも出来ることからで良いんです。
他者からの評価は関係ありません。

自分で、出来たと
達成感を感じる事が大切なのです。
それが自信へと変わります

自信がある=信頼される
という事なのです。

考えても見てください。

例えば、ケーキ屋さんが2軒あります。

一方のお店は
「このケーキは美味しいですよ」と薦めます。

もう片方のお店は
「このケーキは、
もしかしたら、おいしいかもしれませんよ」
と薦めます。

あなたは、どちらから購入したくなりますか。

当然、「おいしいですよ」と、
断言してくれるお店で
買いたくなりますよね。

だから、自信をつけるためにも、
どんどん行動していけば良いんです。

何もしない=信頼されない
(経験値が蓄積されない)

という事なので、
いつまでも信頼を得ることが出来ません。

お金持ちの人達は、
そこを良く理解しているので、
小さなことでも成功と、とらえて
成功を積み重ねて自信に変えます。

例えば、体重が1キロ減った。
いつもダラダラしたお付き合いを断った。
などでも良いのです。

成功オーラをどんどん貯め込みましょう。

お金を気持ちよく使う 成功引力を強める

なにも、
自分を我慢してお金を使えと
いう事ではないのです。

むしろ、そうやって

「また、お金が減ってしまう・・・」
「どうしよう」などと、

ネガティブな気持ちで使うと、
お金はあなたの所に戻ってきません。

自分の出来る範囲で、
お金を喜んで使いましょう。

例えば、プレゼントにお金を使う時。
相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら、
ワクワクしませんか。

あるいは、寄付を行う場合。
少しでも、手助けになれるといいなぁ
と考えたりしませんか。

そういう
楽しい気持ちでお金を使うと、
お金に好かれます。

お金は、楽しい場所が大好きなのです。

ただし、注意が必要です。
楽しく使えばすべてOKではありません。

あなたがお金を使う事で、
みんなが笑顔になれる事が絶対条件です。

お金を使う事で、
誰かに悲しい思いをさせていては
意味がありません。

お金持ちは、そこを良く知っているので、
お金を上手に使うのです。

そうする事によって、
お金を引き寄せる引力を強めていくのです。

終わりに

お金持ちの人達は、
お金との付き合い方が上手いです。

だから、お金が寄ってくるのです。

アパホテル社長の元谷芙美子さんは、
「身近な人にお金を使う事で、
どんどん人生の内需が拡大していきます」
と話しています。

また、お金は水と血液と同じで
流れる事で意味を持つと考えているので、

家族や社員の為に
お金を使う事を心がけているそうです。

そうする事によって得るもの。

喜んだり、モチベーションが上がった
みんなの顔を見れる事だそうです。

その様子を見て、
働いて良かったと自分も嬉しくなり、
更に、お金を生み出そうとする
活力が湧いてくるのだそうです。

3つの行動が出来ていたわけですね。

・自分がやるべき事は、身近な人の笑顔。
・成功体験は実際にみんなの喜ぶ様を見れた。
・お金を気持ちよく使った結果、活力が湧いてきた。

そうやって良い循環を作り、成功していく。

この考えは、
まだ信用金庫勤めだった頃から、
変わらないそうです。

知らず知らずに、
お金を引き寄せる行動を
続けていたのですね。

どうですか。
あなたにもこの3つを始めてみませんか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました